みちばたの記録 

アクセスカウンタ

zoom RSS NZ紀行2012 オークランド編その2

<<   作成日時 : 2012/09/17 16:14   >>

トラックバック 0 / コメント 4

タウランガからバスに乗り、オークランドに戻ります。

所要時間は4時間……のはずが、遅れて、やっとオークランドのモーターウェイに入ったと思ったら、夕方の大渋滞。またまたバスの中で iPhone を取り出し、再び迎えてくれるホストファミリーに電話。1時間半ぐらい遅れて到着となりました。もっと早い段階で状況を把握して電話すればよかったのに、ずっと待たせてしまって、ごめんなさい!
画像
写真ではたいした渋滞に見えませんが、車の流れはほぼストップしてました。

ホストファミリーは、ジョイ・カウリーさんの娘さん一家ですが、ちょうど家族の行事があり(誕生日とか結婚式とか)、ジョイさん夫妻も来ていたんです。その日の夜は、家族や友達、全部で10人ぐらいでジョイさんの手料理をいただきました。みんな仲が良くて、にぎやかで、すてきなファミリー。しかし、食卓で繰り広げられる早口のトークは、私のリスニング力ではさっぱりわかりません! さんざん待たせてしまったこともあって、ちょっと小さくなってしまった私なのでした。でも食後のトークの流れでいきなり登場したリアルなベイビー人形に、一同大爆笑! 私も涙が出るほど笑いました〜。

次の日の夜は、家族のバースデーディナーで、鉄板焼き屋さんへ。
画像

日本人がやっているお店ですが、目の前で焼いてくれる、ショー形式です。小さく切った卵焼きをお客の口めがけて放ったり、小さなボウルにぴっちり詰めたチャーハンを投げてよこしたりと、わけわかんないんだけど、超盛り上がって楽しかったです〜。
画像
特に意味もなく炎をあげてみせるのもショーの一環のようです。
日本に短期留学したことのあるジョイさんのお孫さんが、「カンパイ」とか「ガンバッテ」とかいってくれたのもうれしかった。
そういえば、高校で日本語を選択したという女の子に、「日本語にはアルファベットが46個もあるっていうけどほんとうか?」と訊かれました。46個だったっけ? わかんないけど50近くあるよといったら、びっくりしてました。外国語って、神秘的ですね。

旅は残り2日です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時

一昔前、外国で日本食と言ったら鉄板焼きでしたが、いつの間にか suchi-sashimi が日本食の代名詞に取って代わりましたね。

目の前に角切りのお肉が飛んでくるんですよね。
大勢で行くと、盛り上がって楽しいですよね。

楽しそうな皆さんの姿が目に浮かぶようです。

ちなみに、イタリア語のアルファベットは21文字です。
みきじょ
URL
2012/09/17 22:38
みきじょさん、
鉄板焼きは寿司より先に流行ったんですね。
卵焼きはキャッチできなかったけど、チャーハンはできました。みんな大騒ぎでした。
イタリア語のアルファベット、21文字なんですか。せめてアルファベットだけでも覚えてみようかな。
michibata
2012/09/18 10:30
えっつアルファベットの数って国によって違うの??しらんかった・・(^^ゞ
くうねるこころ
2012/10/11 22:25
英語のアルファベットは26個だけど、他の国のことは考えたことがありませんでした。自分の国は、50音だから、約50かな?ぐらいの認識しかなかったし……。でも少ないのも不便じゃないかなって思います。

にしても、更新が止まっててすみません!
michibata
2012/10/12 00:23
*当ブログの記事・写真等の無断転載はご遠慮ください。

リンク

NZ紀行2012 オークランド編その2 みちばたの記録 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる