『わたしがいどんだ戦い 1940年』

『わたしがいどんだ戦い 1939年』の刊行からほぼ2年がたちました。 やまねこ賞受賞、産経児童出版文化賞翻訳作品賞受賞と続き、青少年読書感想文全国コンクール高校生部門の課題図書にも選ばれ、これまでになく多くの読者の方とふれあう機会に恵まれました。読んでくださったみなさま、ありがとうございました。 このたび、続編である『わたしがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読み物『わたしがいどんだ戦い 1939年』が刊行されました

『わたしがいどんだ戦い 1939年』(原題:The War that Saved My Life/キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー作/大作道子訳/評論社)が、8月に刊行されました。 わたしがいどんだ戦い 1939年評論社 キンバリー・ブルベイカー ブラッドリー Amazonアソシエイト by  第2次世界大戦中のイギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本『やまとあな』が刊行されました

 ニュージーランドの絵本『やまとあな』("Hill & Hole")がワールドライブラリーから出版されました。 『やまとあな』カイル・ミューバーン文/ヴァサンティ・アンカ絵/おおさくみちこ訳  隣り合う山と穴を主人公にしたおはなし。とぼけた感じのユーモアと、ちょっと哲学的なところが魅力です。おはなし自体は、特にニュージーラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアル

このたび、当ブログをリニューアルいたしました。 日々のつぶやき等は削除して、訳書にまつわる話とニュージーランドの旅の記録など、一部の記事だけ残しました。今後も細々と続けていくことにしましたので、よろしくお願いいたします。 また、ニュージーランドの本を紹介する新しいブログ、その名も「ニュージーランドの本」を始めましたので、ご興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『プケコの日記』

3冊目の訳書となる『プケコの日記』が、昨年10月末に発行されました。ニュージーランドの作家サリー・サットン作の小学生向け読み物です。ご紹介します。 プケコの日記 (文研ブックランド)文研出版 サリー サットン Amazonアソシエイト by ★プケコとは? ニュージーランドにすむ鳥。クイナの一種ですが、飛ぶことができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NZ紀行2012

オークランド国際空港の目の前にあるノボテルで一晩過ごし、翌朝のニュージーランド航空で帰国しました。 この旅の報告が大晦日にずれ込んでしまったのは全くの想定外でしたが、今年1年をふりかえってみると、やはりいちばん印象的なできごとでした。2週間も1人で旅行に行かせてくれた家族、仕事関係、翻訳クラブの先輩たち仲間たちに感謝、ニュージーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NZ紀行2012 オークランド編その4

旅の最終日は、西オークランドを満喫しました。簡単ですが、ご報告します。 2009年に来日した際にお会いしたティム・ティペネさんが、ホストファミリーの家まで車で迎えにきてくれて、西オークランドを案内してくれました。 サーフィンとレスキューで有名な、ピハ・ビーチ 映画「ピアノ・レッスン」のロケ地として有名な、カレカレ・ビーチ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more