『わたしがいどんだ戦い 1940年』

『わたしがいどんだ戦い 1939年』の刊行からほぼ2年がたちました。
やまねこ賞受賞、産経児童出版文化賞翻訳作品賞受賞と続き、青少年読書感想文全国コンクール高校生部門の課題図書にも選ばれ、これまでになく多くの読者の方とふれあう機会に恵まれました。読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

このたび、続編である『わたしがいどんだ戦い 1940年』(キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー作/大作道子訳/評論社/原題:The War I Finally Won)が刊行の運びとなりました。主人公エイダのその後をじっくりと追った物語です。
編集者の岡本稚歩美さんに導かれ、装画は浦上和久さん、デザインは川島進さんという前作と同じチームで、すてきな本ができあがりました。ぜひ手にとってみてください。QCDOuGm0QHSuqahD5DD%WQ_thumb_6ad3.jpg